ゴッホの配色に魅せられて

自分のカラーを表現して
記憶に残る人になる
パーソナルカラーを生かしたデザイン戦略

グラフィックデザイナー ・カラーリスト
石田祐子です。

 
 
 
 
 
 

 

久々に上野へ「ゴッホ展」を見に行ってきました。

浦安に住み始めて15年、
東京でゴッホ展を見るのが3度目。
東京は、本当に美術や文化に恵まれた
大都市ですね。



 
「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」
 

クレラー=ミュラー美術館からの企画展。
ヘレーネさんは20年かけて、270点を超える
ゴッホの作品を収集したそう。
ゴッホの初期から晩年にかけて、
様々な作品が見られます。

ゴッホの作品の見どころは、
やっぱり鮮やかな配色。
青と黄色の使い方が目を惹きました✨


ポスターにもなっている「糸杉」は、
鮮やかな配色の間にスクっと立っていて、
存在感がありました。

全体にわたる細かい筆のタッチは、
彼の作品への情熱が感じられ、
近くでよく見ると、
いろんな色の重なりが分かりおもしろかった。

 

画家は、平均より長生きする傾向がある
聞いたことがありますか?

理由は、沢山の色を見るからだそう。

自分を表現すること、手を使い体を動かすこと
も理由かもしれません。


ゴッホは、色彩効果で
少しは癒しがあっただろうか。
鮮やかな配色を使い、自分を表現できたことは
喜びだったと思いたい。

 

私の仕事でも同じように感じます。
パーソナルカラー診断・提案と、
ブランドカラー提案で、

「その人らしさをカラーで表現すること」

を大切にしています。
そのきっかけとなれば嬉しいです(^^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

自分のカラーを表現して
記憶に残る人になる
パーソナルカラーを生かしたデザイン戦略
グラフィックデザイナー・カラーリスト
石田祐子

www.sparklecd.com

ーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

  1. ウォークマンと歩いた音楽★展覧会鑑賞の目標一つ達成!

  2. 専門分野の引き出しを増やすには。アドミュージアム東京 3

  3. ずっと飾って見ていたい曼荼羅パステルアート

  4. イノベーティブな第3の場所

  5. 信念を貫くために言える勇気。アドミュージアム東京 1

  6. 喜びに満ちた感性★DUFYラウル・デュフィ展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。