SNSヘッダーデザイン、制作工程公開② クリエイティブにワクワク!

「自信ある私」をデザインする。
自分のカラーを表現すれば、選ばれる人になる。

グラフィックデザイナー &カラーリスト
石田祐子です。

 

前回のブログ
SNSヘッダーデザイン、制作工程公開①
イメージ共有の大切さ

の続きです。


デザイン制作を公開することにした理由は、

デザインってどのように作るのかが分かりにくい。
完成データだけではなく、
途中の工程や、Before→After
を見せると理解してもらえるのでは。

と数人の方にアドバイスを受けたからです。

今回、
「人生コンシェルジュ」佐藤あやかさん
に依頼されて制作したのは、

・セッション紹介サイトのヘッダー画像
・Facebook用のカバー画像



打ち合わせと、イメージのすり合わせをして、
作るイメージと方向性が見えてきたので、
次は、キャッチコピーに取りかかりました。

<キャッチコピーの必要性>

以前から、名刺制作の時には、
載せる言葉作りを、お客様と一緒に考えてきました。

そして、今年、
さわらぎ寛子さん
「文章構築アカデミー」を受講して、
文章の書き方やキャッチコピー作りを学びました。
(実際は、ビジネスの構築も取り組める講座です!)


名刺やSNSヘッダーは、
ただきれいなデザインであればいい、

とは言い切れません。

目を留めてもらう、
興味を持って選んでもらうためには、
言葉も大切な要素です。
受け取る方、潜在顧客への
訴求力・説得力が増すからです。



制作工程 2-1:キャッチコピーの元を書き出す

まず、佐藤さんとの打ち合わせ、ブログ、
プロフィールから得た言葉を集めました。


今回、本格的に取り組んでみて分かったことは、
参考になるデザインサンプルを、
お客様に見せることが大事。

ということ。

実際、「イメージがしやすくなった」と
言っていただけて、
その後の作業がスムーズになりました。

サンプルとして、私のアメブロヘッダー



制作工程 2-2:配色選びとラフスケッチ

イメージを形にするために、
テーマカラーを決めました。

佐藤さんのご希望は、オレンジ。

メインカラーは、イエローベースで温かみのある

オレンジを選びました。


オレンジは、色彩心理(色が人に与える影響)で、
親しみを感じる色です。

お客様と個別でお話しするので、

親しみある、交流するのにふさわしい色ですね。


サブカラーとして、オレンジに馴染む
茶色と淡いピンクを選びました。

選んだ配色はこれです。↑

<ヘッダーのイメージ>

それは、
「カジュアルな秘密の花園」

花束を持った佐藤さんのプロフィール写真
心が軽くなる、飾らない自分。

から、


秘密を解放できる、
ナチュラルな庭のイメージが浮かんだからです。

<ラフスケッチ>


本当に、ラフな手描きなので、

分かりにくかもしれませんが、
大体のイメージがつくと思います (^^) ↓

 

そして、とうとう、
それをデータに起こすと、
ざっくりこんな感じというものを
作りました。

 


最後は、
「SNSヘッダーデザイン、制作工程公開③」
でご紹介します。

 

関連記事

  1. SNSヘッダーデザイン、制作工程公開① イメージ共有の大切さ

  2. 【ご感想】名刺制作★レスポンス良く、仕上がりにも大変満足しております。…

  3. 【ご感想】ロゴ制作 自分の枠を超えた想像以上のものが表現

  4. 【ご感想】名刺デザイン制作★川村聡子さま

  5. 【ご感想】名刺を新しくしたことで、私が背中を押してもらった★名刺制作

  6. 好きの理由とオリジナリティの表現 パッケージデザインに学ぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    最近の記事

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。