【パーソナルカラー診断&持ち服のコーディネート提案】実例のご紹介

こんにちは。
グラフィックデザイナー&カラーリストの
石田祐子です。

 

先日、似合う色を見つける&コーディネート提案の
ご依頼を受けて、S様のご自宅へ出張しました。

まず、パーソナルカラーの基本をお話ししてから、
色素チェックをしました。
色素チェックとは、持って生まれた
肌、髪、眼の
色と質感を確認することで、
診断に欠かせない要素です。

S様の色素傾向は、
肌:繊細なピンク肌、赤みあり
髪:柔らかく、黒っぽい、ツヤあり
眼:やや明るめ、こげ茶、白目と黒目の境目がはっきり

そして、色素チェック結果と同じく、
カラードレープ(診断用の布)をあてての
似合う色診断の結果は、
トップが、サマータイプ、
セカンドが、ウィンタータイプでした。


2つのタイプで、色の特徴(三属性と言います)
から見た共通点は「ブルーベース」です。
つまり、S様は、
「ブルーベース」の色を選べば大丈夫!
ということなんです。

私が行うパーソナルカラー診断は、
一番似合うタイプだけでなく、
二番目に似合うタイプもお伝えします。

でも、なぜ二番目まで出すのか?
と思うかもしれません。

★二つのタイプを見つける★

<理由は?>
似合う色が、一つのタイプだけではなくて、二つのタイプにまたがっている方が多いからです。

<メリットは?>

似合う色の色幅が増えて、沢山の色を着こなせます。
シチュエーションに合わせて、見た目の印象を変えて演出できるようになります。

例えば、S様なら、ドレープをあてると、
サマーのピンクは、頬に自然な血色が出て、
優しくかわいらしい雰囲気になるので、
明るくて柔らかいピンクは↓
女性らしく、エレガントな印象になりたい時に。

また、ウィンターの暗い緑や青色は、
黒っぽくてツヤがある髪と、こげ茶の眼と
つり合いました。
暗い緑や青色は↓
クールな印象を出したい時に、効果的です。

このように、パーソナルカラー診断とは、
見た目の特徴を元に、客観的な判断によって、
似合う色を見つけるのです。
この理論が分かると、
いろいろ見えてきて、おもしろいですよ~(^^)

 

さて、コーディネート提案の方ですが、
S様の日頃着ている服を見せていただきました。
紺、黒が多く、後はベージュでした。
薄めの生地のブラウスは軽さが出るのでOK。
ただ、ベースカラーとしてはいいのですが、
紺、黒一色で無地だと、重すぎました。

ご希望が、
「濃い色が多いので、春っぽい淡い色を着てみたい」
でしたので、
暗い色のブラウスに、似合う明るいスカーフを巻いてみました。


すると、
パーっと華やかさが増しました♡
顔色が良くなって、肌がきれいに見えませんか?

サマータイプの方なので、
明るく優しい色のスカーフで、
顔まわりを明るく、柔らかい印象にして。

ウィンタータイプとしては、
シルバーやプラチナ、ストーン入りのネックレスで、
ツヤと輝きをプラスして
と提案させていただきました。


お仕事で接客する機会が多いS様は、
背がすらっと高いのですが、
低明度のブラウスやスカートだけだと、
大面積が暗い色になります。

これからは、それにプラスして、
明るくブルーベースの色みのスカーフや
アクセサリーを顔まわりに取り入れたら
元々の優しい雰囲気と外見の見た目とマッチして、
より一層、S様の個性が活かされますね!
それにより、お客様に好印象を与えて、
よりコミュニケーションが取りやすくなる
ことが期待されます!

S様のご感想は、こちらです。


★春に向かって、似合う色を見つけたい!
コーディネートの提案もして欲しい!
と思っている方は、ぜひご連絡ください。
マンツーマンでご要望にお応えします(^^)
お問い合わせ・お申し込みはこちらです。

関連記事

  1. 「顔があまり赤くならない?肌の質感って?」似合う色の根拠は〇〇なんです…

  2. 似合う色のジェルネイルで指先から春色♡

  3. 新年第1弾の「集活イベント」に参加★事前申し込み予約受付開始

  4. 似合う色は客観的に分かります

  5. 【ご感想】パーソナルカラー診断 ペア「リラックスして相談できてよかった…

  6. 【ご感想】無難な色ばかり選びがちになるので今後の指針になります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。