ルイボスティーの優しいトーン

自分のカラーを表現して
記憶に残る人になる
パーソナルカラーを生かしたデザイン戦略

カラーブランディングデザイナー
石田祐子です。

 
 
 
 
 

仕事柄、商品パッケージのデザインとカラーを
見るのが好きです。

 

久々にショッピングして見つけた
ルイボスティー専門店。

並んだルイボスティーのパッケージ
きれいな色に惹かれて、ついじっくり見ていました。

気づいたのは、全体的に、
カラーのトーン(明るさや鮮やかさ)が穏やか。
パキッとした色や、コントラストがない色合い。

 

 

描かれたハイビスカスやラズベリーは
品のいい華やかさがあり、美味しそう。
箱の素材はマットでナチュラルな感じ。

全体が調和されていて「穏やか、落ち着き」を感じました。

 

 

南アフリカの大地に育つルイボスだから、
鮮やかで力強そうなイメージかと思いきや、
飲むと、柔らく優しい味わい。

 

カラーのトーンや素材は、
お茶の味やヘルシーさを表現していました。

日々の生活で、アンテナを立てていると、
思わぬものが目につき、
得られる気づきがいっぱいありますね。

 

 

=================

自分の強みをどう伝えるか迷ったら

=================


お客様と会う時の服
商品の企画書や資料
サービス紹介のバナー

 

選ぶカラー、形、素材の組み合わせで、
お客様が受けるあなたの印象は変わります。

 

自分やサービスを紹介する時、

「何を、誰に、どのように」

を押さえて伝えるのがポイントです。

 

伝える内容を決めることで、
迷う時間が減り選びやすくなります。

 

 

いざ、自分のことを表現すると言っても、
考えすぎて迷ってしまったら?

 

例えば、自分のビジネスに対して、
何をしていけばいいのか分からなくなったり、

ネガティブな思考に囚われて
動けなくなったり。

 

 

そんな時は、自分を俯瞰して見てみたい。

 

「なぜ」この仕事をやっているのか
体を使って実感してみるのがいいですね。




続きは、メルマガにて、
「自分の強みをどう伝えるか」を
深めた内容をお伝えしています。

 

 

無料メール講座

「カラーを味方にして、一瞬で目に留まるビジネスの作り方」

https://sparklecd.hp.peraichi.com/mail

読者登録募集しています!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。