どの黄色が私に似合うかな。パーソナルカラー配色お話し会開催

「自信ある私」をデザインする。
自分のカラーを表現すれば、選ばれる人になる。

グラフィックデザイナー &カラーリスト
石田祐子です。

 

5月に参加した、
和田 玲子さん主催の「zoomの玉手箱」
最後の「zoomの玉手箱祭り」では、

メンバーと一緒に、講座やお茶会を開催・参加しました。

その時開催した、私のお話し会。
リクエストにお応えして、第2回を開催しました。


【パーソナルカラー配色お話し会 Vol.2】

5名の方に参加いただき、ありがとうございました!

 

1時間のうちの前半は、
パーソナルカラーの基本の話をしました。

今回は、配色の話を分かりやすくするために、
ファッション誌のコラージュを使いました。

 

資料としてのコラージュの作り方は、

  1. 雑誌のページから、赤なら赤色の服の写真を
    切り抜く。ポイントは、
    4シーズンまたは、イエローベース・ブルーベース
    の特徴をつかんだ写真を厳選すること。

  2. 色味の違いが分かる写真を並べて用紙に貼る。

 ↓ 赤色のイエローベース・ブルーベースコラージュ

最近の服をチェックするために、
ファッション雑誌を手に取る方が多いと思います。

私も、流行りの色、素材、シルエットを
チェックするために見ます。
色で気分が上がりますね✨

雑誌は、「STORY ストーリィ」を
参考にすることが多いです。
理由は、きれいなカラーコーディネートが多く、
雑誌のターゲットが40代で、
私のお客様に近いからです。

 

下記のコラージュは、
パーソナルカラータイプ別
黄色と配色例
です。

左から、

スプリング:オレンジがかった黄色&ブルーのコントラスト
サマー:  爽やかなレモンイエロー&ネイビー
オータム: 黄色&カーキと緑のイエローベースの配色
ウィンター:発色の良い黄色とモノトーン

パーソナルカラーでは、
色相・明度・彩度の違いにより、
特徴が違う色を表します。

ポイントは、例えば、
黄色が似合う・似合わないということよりも、
どの特徴の黄色が似合うか
を知ることが大切です。

つまり、
私は黄色が似合わないから着られない。
と諦めるのではなくて、

どの黄色なら私に似合うかな。
と選べるようになる。

ということがポイントなんです!


パーソナルカラーを知ることで、
色の選択肢を狭めるのではなくて、

欲しい色がパッと選べて、
ワクワク嬉しくなる!

そんな人が増えるといいなと思います(^^)


お話し会では、

コラージュを見ながら説明を聞くことで、
シーズンごとの色の特徴を捉えやすくなった
と思います。

楽しく切り貼る作業は楽しい。
これがみなさんの理解を深める資料となり
嬉しい限りです!

 

また、似合う色の決め手は、
色素
(肌・髪・眼の色と質感)
のお話しもしました。

パーソナルカラー=似合う色は、
「理論に基づいた根拠」
があります。(色彩学に基づいているのです)

 

簡単なワークとして、
簡易色素チェック表を取り入れました。
(公民館などでセミナーを行った時に使います)

各自、チェックすることで、
「ざっくりとシーズンタイプが分かりました」
という声がありました。
色素的に「自分はどうなのか」を知る
手掛かりになってよかったです。

 

後半は、
色使いや素材の相談の時間。

「自分に似合う色と好きな色は違う?」
に関しては、

  • 似合う色を着こなすと、より若く魅力的に見える。
  • 好きな色は、自分の欲求からくるので、
    その好きな気持ちを大切にして、
    どう着こなすかを知るといいです。

とお伝えしました。

今回もみなさんが気づきとなるきっかけになり、
沢山の笑顔が見られて、嬉しかったです!
ご参加のみなさん、ありがとうございました(^^)

 

パーソナルカラーを着こなすことで、
自分の強みと魅力を発揮して、自信が持てる。
そんな人をたくさん増やしたいと思って、
活動しています。

パーソナルカラー診断のお問い合わせ、
詳細はこちらです。
http://sparklecd.com/personal-color-analysis-seminar/

関連記事

  1. もう色に迷わない!パーソナルベストカラー診断始めます

  2. 【パーソナルカラー診断&持ち服のコーディネート提案】実例のご紹介

  3. 【ご感想】すべてに丁寧に回答していただき、 パーソナルカラー診断に対す…

  4. 似合う色のジェルネイルで指先から春色♡

  5. 【ご感想】色には裏付けがあったことに深く納得をしてしまいました

  6. 似合う色は客観的に分かります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    最近の記事

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。