【ご感想】ロゴ制作 自分の枠を超えた想像以上のものが表現

こんにちは。
グラフィックデザイナー&カラーリストの
石田祐子です。

先日、ロゴを制作させていただいた
お客様から、嬉しいご感想をいただきました。

「願いを叶えるアカデミー」の和田玲子さま

https://www.facebook.com/ReHappyLife/
https://ameblo.jp/wadareiko/

和田玲子さん(以下、玲ちゃん)は
同じ市内で、個人起業家として活動をされている方で、
以前から知っていました。

4/15(月)に、願いを叶えるアカデミー開校記念
必ずリピートされる講座のつくりかた
を開催するにあたって、ロゴを制作することに。
「これからの活動の後押しになるロゴが欲しい」
制作のご依頼をいただきました。

そのロゴはこちらです。

私が作ったロゴをとても喜んでくださり、
SNSで投稿したり、
会う人会う人にお伝えしてくださっています。

体験して得られた素直な想いを
こちらに投稿してくださっていて、
本当に嬉しいです!!(^o^)

感動しました!!

どうですか!?
めちゃくちゃ素敵じゃないですか!?
見た瞬間、これ~~~~!!!
なんでわかったの~~~~!!!と叫びました。
これ、真ん中の十字が
「叶」って文字になってるんですよ。
すごくないですか~~~~~!!!!
このマークを見て
「令和っぽい」と思って
即、決めました。

玲ちゃんのブログから抜粋


そんな玲ちゃんの感想をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーー

●チラシ制作を依頼する前、何か困っていたことはありましたか?

オリジナリティあふれるロゴマークが素人には生み出せない!

●チラシの使用目的は何ですか? 配布先と配布方法はお決まりですか?

願いを叶えるアカデミーの作成物に使用する目的。

 

●何が決め手となって私に依頼することを決めましたか?

独立されたことは知っていましたが
HPや二つ折りのチラシなど作成されて
それをFacebookで投稿されていたことがきっかけです。

プロならではのお仕事ぶりに感動したこと
チラシなどから感じた覚悟のようなエネルギーを感じて。
私もそんな風に自分を表現したい!と思いました。

 

●制作作業中に、やり取りされて何か気づいたことはありましたか?

自分の内側にあるものを祐子さんに伝える・・
その言語化する作業が楽しかったです。
自分ひとりでは見つけられないものがありました。

また作成していただいたロゴマークから
新たな視点をいただき
新しいアイディアが浮かんできたことは
驚きでしたが面白い体験でした。

 

●ロゴの仕上がりは希望通りでしたか?
もし、改善点やご要望があれば、教えてください。

希望以上!想像以上!最高です!!!
めちゃくちゃかわいいです。

ちょっと今は時間が取れないのですが
いつかモノグラムのものもお願いしたいです!

 

●どんな方にデザイン制作をお勧めしますか?

自分を表現したい方プロに関わっていただくことで
客観的なプロの視点が加わり
自分の枠を超えた想像以上のものが表現できる
ので
お勧めします。

 

ーーーーーーーーーーーー

玲ちゃん、貴重なご意見をありがとうございました!

玲ちゃんの溢れる想いを聞いていき、
まとめて形にしていく作業は、私も楽しかったです!

「要石」も感じてくださり「令和っぽい」とも!
本当、アイデアいっぱいの方で驚きました(^o^)
まさに、ロゴを使う方がどんどん意味合いを足していく!
を体現してくださり、感謝です。

伝えたい想いを、言葉として、
それをビジュアルで表現できたら、
本当にやりたいことが広がりやすいし、
見た人も共感してくれるはず。

「自分の枠を超えた想像以上のものが表現できる」
共同作業だったからこそ、実現できたのでしょうね!
私は、今年の目標の一つが「今の私を超える」だったので、
叶いました(^o^)v
本当に感謝しています!!

 

女性起業家、フリーランスの女性が、
売上で悩んでいる、活動の幅を広げたい等の悩みや願いを、
カラーとデザインで解決します。
その方の魅力・強みを引き出し、視覚化して、
ビジネスが拡大するサポート出来るように、
私も、日々進化していきます。
活動の後押しとなる、デザインを
一緒に作りませんか?!

 

 

関連記事

  1. 【ご感想】名刺デザイン制作★川村聡子さま

  2. 好きの理由とオリジナリティの表現 パッケージデザインに学ぶ

  3. 【ご感想】名刺制作★レスポンス良く、仕上がりにも大変満足しております。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。