感性を磨く 〜カフェはクラシックな配色〜

自分のカラーを表現して
記憶に残る人になる
パーソナルカラーを生かしたデザイン戦略

グラフィックデザイナー ・カラーリスト
石田祐子です。

 
 
 
 
 
 

 

土曜日の午後に、久々に都内のカフェへ。
アップルクランブルが目に留まり、
紅茶と一緒に注文しました。
アップルクランブル、秋に似合うケーキですね。

 

20代の頃、カリフォルニアのホストマザー
が教えてくれて、時々自分でも作っていた。

美味しい✨サクッとしたほんのり甘い素朴な味わい。


窓際側のコーナーに座り、外を眺めるのが好き。
午後の途中から照明が少し落とされて気づいた。

店内は、黄色〜オレンジ〜こげ茶の
クラシックな配色って!

帰ってから、カラーカードで測色してみました。
カラーリストらしい遊び感覚で😄

写真の右上に写っているのが、その配色。


「クラシック」な印象を与えたいなら、
こんな落ち着いた茶色のグラデーションと
深緑があれば、クラシックなイメージを
作れますよ✨

 

 

日常で、色の発見と色遊びができる。
こんなことの積み重ねで、
色彩感覚と感性を磨いています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルカラーとブランドカラー選びなら

www.sparklecd.com

私のアメリカ体験談

米国・スミソニアン博物館での
インターンシップ経験物語
https://www.youtube.com/watch?v=d4s93XjP1Vw

グラフィックデザイナー・カラーリスト
石田 祐子

ーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

  1. 感性を磨く 〜甘美はエレガントな配色〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。