にじいろ甘酒。美しいものにはストーリーがある

「自信ある私」をデザインする。
自分のカラーを表現すれば、選ばれる人になる。

グラフィックデザイナー &カラーリスト
石田祐子です。


初めて訪れたお店街の一角をぶらりと歩いてみた。
セレクト商品の棚にあった、
きれいなラベルのビンが目に留まった。

「なんてきれいで、かわいくて、ステキなんだろう〜!」

数本並んだビンの中から、一番初めに目に留まった
ピンク色のラベルを手に取ってみた。

「にじいろ甘酒」

甘酒って、こんなにオシャレだっけ?
しかも、“にじいろ”のネーミングと色展開に、
キュンとしてしまった。

他に5本ほどあって、
ピンクラベルのものは、「ゆず生姜」味。
甘酒は、シンプルな味でもいいのだけど
と思いつつ、眺めてみる。

脇にあった小さいパンフの言葉には、
「ひたむきに、誠実に」
「江戸時代末期より商いをしております。」

きれいなもの&伝統(江戸や幕末時代も)好きの私は、
心奪われてしまい、そのまま買ってしまった。
久々のパッケージ買い。ウキウキした。


食事の前に飲んでみたら、美味しい!
暖かい部屋で、冷やした「ゆず生姜」味が
のどごしがよく、飲みやすい。
このまま全部飲んでしまいそうで、
ワンショットでやめておいた。笑
(冬季限定商品で、温めて飲むといいそうです)

気になる甘酒のお店は、
福岡にある「浦野醤油醸造元」

創業が江戸末期。
現在6代目若女将の浦野さん
が、
醤油だけでなく、味噌、ドレッシング、
甘酒作りとチャレンジしてきたそうです。


「にじいろ甘酒」は全10種類の味があり、
全てが無添加・ノンアルコール・砂糖不使用
小さなお子さんでも安心して飲めますね。

いい素材のものが好きなこともあり、
天然素材を使用していることにも共感しました。

あるインタビュー記事にあった若女将の言葉、

「美容にいい。身体にいい。とは聞くけれど、
どうしてもあの味に慣れないから続けられない。
だから30代、40代の女性に飲みやすい
甘酒作りをしたいと思ったんです!」


確かに、体にいいからと言われても、
簡単に人の心は動かないもの。
なるほど、その目的は達成している。
私は、ラベルなどデザインを愛でて、
フルーティーな味わいが美味しくて、
2度嬉しい驚きを体験したから。

一番印象に残った言葉は、

「この甘酒は『自分の飲み物ではない』
と思ってた人にこそ求めてほしい!」

これは、個人で仕事をしている私に響いた。
人は、その商品やサービスを必要と感じていない、
が前提にあるもの。
人の心を動かすことは難しい。
だけど、商売として、
自分の商品を欲しいと思ってもらうために、
チャレンジできることはいっぱいある。

相手のニーズを想像して、
どう形にして表現したらいいだろう、
と試行錯誤してみる。
そんなチャレンジの一つずつが、
人の心を動かすきっかけになるに違いない。


この甘酒に興味を持ったら、
サイトをチェックしてみてください。
プレゼントにも喜ばれそう。
五感を満たして、
ストーリーに共感できる商品っていいな〜
と改めて思った品でした。

https://urano-shoyu.com/category/item/itemgenre/amazakegift/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。