勇気を持つということ。アドラー心理学①

こんにちは。
ステップアップ・ブランディング デザイナー
カラーリストの
石田祐子です。

 


いよいよ2020年になりましたね。

お正月は、実家でのんびりしていましたが、
今日から仕事始めです。
久々に早起きして、
息子を学校へと送り出しました。

私たちみんなにとって、
ステキな一年になりますように!
今年もよろしくお願いします(^^)


今年の第一弾は、
12月から読み始めていた本について。

「嫌われる勇気 」
啓発の源流「アドラー」の教え

岸見一郎、古賀史健 著

本書は、悩みを抱える青年と、
哲学者との対話形式で、
アドラー心理学を解説していて、
とても分かりやすいです!
人生について、深い部分を、
ハッと気づかせてくれます。

この本、200万部を突破した
人気の長い本なので、
ご存知の方が多いかもしれません。

実は、この「嫌われる勇気」のドラマ
ちょうど3年前に放送されていて、
私のお気に入りのドラマだったのです!
刑事ドラマにアドラー心理学、
一話完結の痛快ストーリーで、
気づかされることが、実は深いのです。

ドラマは見たけど、
本は立ち読みしたままで、
読まずに今に至りました。


女性起業家さんには、
特におすすめです!

個人で仕事をしていると、
人生、人間関係、ビジネスにおいて、
いろいろ悩みが出てきますよね。
そんなことを省みるために、
一歩を踏み出す時に、
参考になるはずです!!
私は、勇気づけられました!

 

本の中で、今日ご紹介した言葉はこちら。

あなたには、
ただ“勇気”が足りない。

いうなれば「幸せになる勇気」
足りていないのです。

世界や自分への意味づけ
(ライフスタイル)を変える。
あなたは「あなた」のまま、
ただライフスタイルを
選びなおせばいい。


去年、私は
「今の私を超える」を目標として、
いろいろチャレンジしたことは、
前回のブログで書きました。
それでも、なかなか変われなかった〜
とも感じることがありました。

けれども、これを、
アドラー心理学で考えると、

“変わらないのは、
今の私で変わらなくていい
と決心しているから”

ということなんです!
いろいろ不満はあっても、
このままの方が楽で安心だから。

気づいて、ガーン!!となりました(^^;)
なるほど、そうですよね。

今年、自分自身を開放して、
伸び伸びと生きていきたい!
そんな気持ちで
チャレンジを楽しみたい!

私はそう思っています。

みなさんも、あなたらしくいて、
ただ、自分が見える世界や、
自分への意味づけを
選び直してみませんか?!

一緒に「幸せになる勇気」を持って、
行動しましょう(^o^)v

関連記事

  1. 色で心をつなぐ「Irocococha–イロココチャ–」

  2. 目標を成し遂げるために、 無意識に日々の言動を選んでいる

  3. 初ボイトレ★アドレナリンが出て、デトックス効果!

  4. 願いを発見!ハッピードリームボードづくり

  5. クリーニングデイで、物と人の価値を考える

  6. やってみたい!は実行できていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。